広瀬斜子織とは


経糸(たていと)は、細い糸2本の引き揃え、緯糸(よこいと)は太い糸 1 本で織っているように見えます。

緯糸は撚りがない糸で、ふっくらと盛り上がっているのがわかります。これが広瀬斜子織の特徴と考えられます。

広瀬斜子織として保存されている織物を拡大すると、同じような特徴を見ることが出来ます。