TOP  次へ 




お気軽東海道うぉーく

(関宿〜坂下宿)



連休でまたまた東海道徒歩旅行に行ってきました。

今回は日程とホテルの関係で関宿からスタートして、鈴鹿峠を通って最低でも水口宿まで行く予定を立てました。

会社が終わったらすぐに新幹線で名古屋に行き、ここで一泊。

次の日は始発で関まで直行。ここで思いもかけない事が起こりました。名古屋駅ではパスモで入ったのですが、関駅にパスモの機械が無いため、お金が払えないことになってしまいました。そしたらなんかメモのような物を渡されて、帰りに駅で払ってくれとのこと。なるほどと思いながらも、とりあえずスタート。

関宿は東海道の中でも古い町街並みが有名なところです。さすがに木曽路に負けない通りです。

天気予報では午後から強い雨が降るとのこと。鈴鹿峠を越えるまでは降らないことを願いながら、古い町並みで有名な関宿もあまりじっくり見ないで鈴鹿峠に急ぎます。

鈴鹿峠までは旧街道らしい趣のある民家と、田植えが終わったばかりの田舎らしさに癒されながら進みます。

この辺りの民家には額に入った絵手紙が飾られています。地元の絵手紙サークルの人たちが東海道絵手紙ミュージアムとして飾っているとか。けっこう格子に合っていて良い感じです。


旧坂下尋常高等小学校です。現在は鈴鹿峠自然の家として活用されているそうです。いいですね、この感じ。

さて坂下宿の松屋本陣跡と梅屋本陣跡を通り過ぎると、いよいよ鈴鹿峠に差し掛かります。


TOP  次へ