白須賀ー二川へ
   お気軽東海道うぉーくトップへ          舞阪ー新居へ


東海道ウォーク 新居ー白須賀



広重東海道
(荒井ー渡舟ノ圖)
 浜名湖を舟で渡って関所に向かう光景を描く。
 ここでは「新居」ではなく「荒井」になっている。
 舞阪での嘘っぽい構図とは対照的に真実に近く描かれている。

 



新居で有名なのは関所。東海道では箱根と並ぶ厳しい関所であった。




 浜名湖をJR東海道線沿いに歩き切ると新居に着く。今は埋め立てられ浜名湖から関所まではやや距離があるが、本来渡船所(写真中)は関所の東側の湖岸に設けられていた。

 ここの関所は見事に整備されており、箱根と比べても歴史的価値はともかく、観光地としてはこちらの方が上ではないか。(写真右)



 関所を出るとすぐに宿の中心地。新居本陣跡が3軒並んでいる。(写真中・右・下左)




 一里塚(写真中)を過ぎるころから江戸時代以前の橋本宿。そこに源頼朝が宿陣した時、茶の湯に用いた風炉の井がある。(写真右)

 東海道に限らず風炉の井のように「○○が使った井戸」のようなものがあるが、私の感覚からするとさしてすごい事とは思えないのだが・・・。




 しばらくの間、遠州灘と山の間を歩く。一里塚・高札場(写真左)・古い家並み(写真中)・松並木(写真右)と東海道気分を充分に味わえる。




 そして汐見坂。写真左のように街道らしさ満点である。ただあまり天気が良くなかったので、遠州灘がよく見えなかったのは少し残念。きちんと舗装されているので、難所との感はない。


白須賀ー二川へ
   お気軽東海道うぉーくトップへ          舞阪ー新居へ





「自然いっぱいの素材集」