ホーム ・ トップ  進む  戻る 



ライン

ちゃりんこ荒川下り (10)

皆野橋−栗谷瀬橋−親鼻橋−長瀞自然の道 約6km

ライン



皆野橋 栗谷瀬橋 親鼻橋

 赤平川合流少し手前に釣場になっている皆野橋(写真左)。皆野高校の学生がたくさん通学に利用していた日野沢川先の栗谷瀬橋(写真中)。このあたり秩父の山々から集まった川・沢がどんどん荒川に流れ込む。

 写真右は親鼻橋。ここを渡るともうすぐ長瀞だ。



親鼻橋下の河原から秩父線鉄橋を見る 三沢川合流 長瀞自然の道

 親鼻橋下の河原から秩父線鉄橋を見る(写真左)。大きな川に架かる鉄橋・橋はどれも絵になる。すぐ横では三沢川が合流している(写真右)。

 親鼻橋を渡り荒川の西側を進むと長瀞の中心地。渡らずに東側を進むと長瀞自然の道(写真右)がある。



長瀞の岩畳 長瀞の岩畳 長瀞の岩畳

 自然の道から上の写真のような特徴ある長瀞の岩畳が見ることができる。写真右の山は宝登山。
[ 2000.6  RUN  ]


ライン

道草

国頭の大銀杏

国頭の大銀杏

 樹齢約700年。幹周8.2m。樹高22.7m。埼玉県内では第9位、銀杏に限れば第4位の巨樹だそうだ。


 ホーム ・ トップ  進む  戻る 




「自然いっぱいの素材集」