ホーム ・ トップ  進む  戻る 
  



ライン

ちゃりんこ荒川下り (19)

秋ヶ瀬橋−さくら草水門−幸魂大橋−笹目橋 約13km

ライン



水門 秋ヶ瀬橋

 両岸ともに建物が増えてくる頃になると、水門など治水のための設備が多くなる(写真左・中)。

 秋ヶ瀬橋(写真左)を過ぎると桜草公園。この辺りは桜草がたくさん自生しているらしい。



JR武蔵野線 さくら草水門 調整池と荒川を隔てる堤防よりの荒川

 秋ヶ瀬橋を過ぎるとすぐに桜草公園がある。その名のごとく桜草が自生しているのだろう。その奥にはJR武蔵野線が通り(写真左)、手前には公園の展望台のようなさくら草水門(写真中)がある。

 戸田市に入ると約5kmほどの間、荒川調整池(下・道草にて)、通称彩湖が現われる。写真右は調整池と荒川を隔てる堤防よりの荒川。



幸魂大橋 船が見られるようになる 笹目橋

 彩湖の真中を通る幸魂大橋(写真左)。幸魂と書いてさきたまと読む。東京外環自動車道が通る橋だが横に歩道があり自転車でも渡れる。

 写真中は幸魂大橋から見た下流方向。船が見られるようになり、運河としての役割も果たしていることが判る。

 笹目橋は首都高速が通る橋だが、ここも横の歩道で自転車も渡ることが出来る(写真右)。


笹目橋から上流方向

 笹目橋から上流方向(写真上)。右上の水門は荒川調整池の水門。
[ 2000.7  RUN  ]


ライン

道草

荒川調整池(彩湖)

荒川調整池(彩湖)

 荒川の戸田市側にある調整池。彩湖を中心に公園になっている。
更に詳しく見たい方は
彩湖・道満グリーンパークへをクリック



ホーム ・ トップ  進む  戻る 


 


「自然いっぱいの素材集」