ホーム ・ トップ ・ 川下りへはブラウザの「戻る」でお戻りください



ライン

栃本

ライン


 栃本は埼玉県最奥の集落。江戸時代は信州へ抜ける秩父往還の関所が置かれ、その跡は原形どおり残されている。


栃本より荒川上流 栃本集落と秩父往還 石像

 栃本の集落(写真中)から荒川上流方面を見る(写真左)。集落の真中にいろいろな石像(写真右)がある。


栃本関所 栃本会館 信州道

 木造の関所(写真左)。箱根や新居の関所を見ているので、建物の何処で何をするのか大体の見当がついた。

 秩父往還は国道140号らしく、写真中の右石碑に国道140号が「日本の道100選」に選ばれたと記されていた。

 写真右は懐かしいポストを写したのではなく、真中にある階段の道が実は旧信州道。ここから信州への道も険しかったと思う。ちょっとお気軽東海道ウォーカーとしては興味がある。

 ところでポストも懐かしいが、ここの店には大村昆(字が違ったかな)のオロナミンCや金鳥蚊取り線香の懐かしい看板もあった。




 ホーム ・ トップ ・ 川下りへはブラウザの「戻る」でお戻りください


「自然いっぱいの素材集」