ホーム ・ トップ  進む



ライン

ちゃりんこ小畔川下り (1)

宮沢湖−日高市・川越市の境辺り  全約8km

ライン


武蔵丘ゴルフコース方面 宮沢湖 宮沢湖ダム

 小畔川は飯能市より日高市を通って川越市で越辺川に合流する約20km弱の川。
 まずは飯能市の宮沢湖から日高・川越市の境界近辺までサイクリング。高麗川駅周辺では川を見失いそうになることもあるが、その他は大体川沿いに走ることが出来る。

 
宮沢湖より上流方向を写す(写真左)。これより先は武蔵丘ゴルフコースとなっており、ちゃりんこ族は入っていけない。小畔川の源流はここにあるはず。

 宮沢湖(写真中)は土日ともなると家族連れで賑わうこのあたりでは有名なレジャーランドだ。子供が喜びそうな遊園地や動物園もある。

 ここが宮沢湖の堤防(写真右)。ここは魚が多いらしく湖畔やボートに乗ったりしながらの釣りが盛んだ。湖は約2kmほどで一周することが出来る。ちょっとアップダウンが激しい場所もあるが手軽に行ける湖畔サイクリングコースだ。



ダムより小畔川 ダム中央より小畔川 街中

 堤防の上から小畔川下流方向を写す(写真左)。写真中は堤防の下中央から流れ出る小畔川。川というより農業用水路である。

 少し走ると住宅地の中をくねくねと流れ、自転車で川に沿って走ることは出来ない(写真右)。


圏央道 神流川 たんぽぽ

 JR川越線と平行して流れるようになるころには、川の土手沿いに自転車を走らすことが出来る。未舗装たがMTBだと全く気にならない程度だ。

 国道407号を過ぎると圏央道が見えてくる(写真左)。圏央道を過ぎるとすぐに小さい川である神流川と合流する。写真中はその合流点。

 このあたり川幅は狭いが川辺には結構花が咲いている。写真右はタンポポである。写真ではそれほどでもないが実際は写真よりたくさん咲いている。
[ 2000.5  RUN  ]



ライン



道草

大たぶの木
高麗川神社大たぶのき

 1649年の頃、当時周囲6m60cmと推定される老木があり、その根株から成長した木だと伝えられている。今では高麗川神社の御神木と呼ばれている。
樹名 たぶのき(別名いぬぐす) くすのき科
根元周囲 10m
樹高 23m
推定樹齢 300有余年
枝巾 東西22m  南北26m


ホーム ・ トップ  進む


  


「自然いっぱいの素材集」