ホーム  トップ  進む
 



ライン

ちゃりんこびん沼川下り (1)

荒川堤防−川越東高校−水門 約3km

ライン



荒川堤防の下 沼のような所 長い沼のような川

 びん沼川とは荒川の上江橋から2kmほど下った所から、富士見市の南畑新田までの旧荒川である。通常源流と言われる川の一番最初の部分は、びん沼川の場合、荒川堤防の下(写真左)、道を隔ててすぐのいきなり沼のような所である(写真中)。

 おそらく荒川の水から来ているのだろうが、新河岸川放水路と合流するまで、全体が細長い沼のような川である。


湿地帯のような光景 湿地帯のような光景 川越東高校

 ちょっと離れて見ると湿地帯のような光景であり、「流れ」があまり無い(写真左・中)。

 途中川越東高校の横を流れる(写真右)。


びん沼川 県道大宮上福岡所沢線 県道大宮上福岡所沢線

 県道大宮上福岡所沢線がびん沼川に絡みつくように横切っていく(写真中・右)。


現在調整池の工事中 現在調整池の工事中 新河岸川放水路に合流する水門

 写真左は現在調整池の工事中だった。もうしばらくすると、この辺りが池になるのだろう。

 写真右は新河岸川放水路に合流する水門から撮ったもの。
[ 2000.7  RUN  ]


ホーム  トップ  進む

  


「自然いっぱいの素材集」